魅力的なアイテムがたくさん!
NYのホリデーマーケットにご注目。 #004_NY

魅力的なアイテムがたくさん!</br>NYのホリデーマーケットにご注目。 魅力的なアイテムがたくさん!</br>NYのホリデーマーケットにご注目。

Culture & LifestyleArticle

ホリデーギフトに。 ニューヨーカーたちがこぞってチェックするあのホリデーマーケット!

毎年11月を過ぎた頃、ウィンタームードが一気に高まり始めると、クリスマスに向け期間限定のホリデーマーケットがあちらこちらで開催されます。 マンハッタンのユニオンスクエアで行われる”Union Square Holiday Market(ユニオンスクエアホリデーマーケット)”やブライアントパークでスケートリンクと共に登場する”Bank of America Winter Village at Bryant Park(バンクオブアメリカウィンターヴィレッジアットブライアントパーク)” など、観光客にも人気のスポットとなっています。出店しているベンダーは、ローカルブランドからインターナショナルブランドまで幅が広く、フードはもちろん、雑貨、アクセサリー、アートワーク、などギフトにはぴったりのアイテムが勢ぞろいです。

 

NY写真TOP2

 

その中でも、最もニューヨーカーたちの注目を集めたのは、マンハッタンエリアで11月14日~15日に行われたRENEGADE CRAFT FAIR(レネゲードクラフトフェア)。2003年にシカゴからスタートしたこのイベントは今年で12年目となりますが、NYだけでなくシカゴ、ロス、ポートランドなど8つの場所で年に2回(一部を除く)開催されています。モダンなハンドメイドクラフトブランドを目指すヤングデザイナー達を発掘し続けており、ここで成功し大きくなった ブランドも少なくありません。他のホリデーマーケットと違いたったの2日間という期間限定での開催のため、オープン前から多くのお客さんが会場外に溢れるほどの人気です。

 

NY写真2

 

中に入るとギフトにしやすい 雑貨ベンダーがざっと200ほど 大集結しています。価格帯は$20から$100前後で、全体の傾向として一見シンプルなデザインながらもディテールにこだわった物が多く、色味もクリスマスを連想するようなカラーやトーンに縛られず、鮮やかな配色から落ち着いた配色まで各々のデザイナーたちの個性や自由で遊び心あふれる配色が印象的でした。日本の”織り”にインスパイアされたというポーランドからやってきたアクセサリーやブルックリンを拠点とする刺繍ホームグッズブランドはオープンと同時にどこよりも一番人だかりができていました。素朴でありながも優しい色使いやまるで浮き出てくるようにほどこされた見事な刺繍に、お客さんもお財布の紐が一気に緩んでしまった様子です。

 

写真3

 

フードセクションもとても充実していて、カフェ、アジアンフード、スイーツなどバラエティに富んでいます。そして美味しさだけではなく見た目にもこだわり、まるでホームパーティーの1コマのようなディスプレイ。保存料を一切使用していないのが売りのスイーツは、甘さも控えめで特に1番オススメのパンプキンケーキは口に入れた瞬間、スパイスがほのかに香りとても上品な味だと好評でした。

 

また今年のイベントの特典は、これを知らない人はいないというくらいの大人気の、配車サービスアプリUBER(ウーバー)がスポンサーとなり、初めて利用する人には最大$20分のフリーライドをプレゼントという太っ腹な企画も行われていました。日本に比べて1マイルの値段がはるかに安いので$20分ではかなりの距離を移動できます。たくさんお買い物をして荷物が持ちきれない人には嬉しいサービスです。

 

1日あっても時間が足りないほどのこのイベント、いつか日本に上陸する日もそう遠くはないかもしれません。


 

RENEGADE CRAFT FAIR
@METROPOLITAN PAVILION 125 West 18th Street
http://www.renegadecraft.com/newyork/newyork-holiday-fair-details

マーケット開催日:2015年11月14日~15日

  • Credits
  • Text : ANNA SUI MAG.編集部H
    Photo: ANNA SUI MAG.編集部H