ANNA SUI Mag

ANNA SUI Mag

バレンタインに贈りたいグルメな板チョコ
NYで大人気のアルチザンチョコレートバー
#23_NY

<div>バレンタインに贈りたいグルメな板チョコ</br> NYで大人気のアルチザンチョコレートバー</div> <div>バレンタインに贈りたいグルメな板チョコ</br> NYで大人気のアルチザンチョコレートバー</div>

Culture & LifestyleArticle

たかが板チョコとあなどれない! ビーン・トゥ・バーからセレブ御用達まで、注目のチョコレートバー

バレンタインの季節が近づくと、NYの街にもチョコレートが溢れます。アメリカではバレンタインデーは男性から女性に花やチョコレートを贈るのが一般的ですが、家族や親しい人に贈ることもめずらしくありません。
そんなNYで近年人気を集めているのが、アルチザン(職人技)のチョコレートバーです。ここ10年ほどでビーン・トゥ・バーといわれる豆の買いつけから製法まで、すべてをこなすスモールバッチ(小生産)のチョコレートが増えています。今回は、その中でもお勧めのメーカーをご紹介します。

150回以上もの受賞歴に輝くアマノ・チョコレート

まずグルメな人たちが絶賛するのが、アマノ・アルチザン・チョコレート(Amano Artisan Chocolate)です。アマノではベネズエラやメキシコなどの農園からカカオ豆を買いつけ、ロッキー山脈のふもとで小規模生産しています。チョコレートは練ることで滑らかさが出ますが、このコンチングに優れているのがアマノなのです。
その味は国際的なチョコレート大会でも数々の受賞歴に輝き、なんと受賞歴は150回以上!中でもオクマレ(Ocumare)や、チュアオ(Chuao)など、ネーミングされている産地のカカオ豆から作られたシングルオリジンのダークチョコレートバー(写真左)は世界でトップランクの評価を得ています。
パプアニューギニアのモロべー(Morobe)産のカカオという稀少な豆を使ったチョコレート(写真中)もあり、ツウを唸らせます。またフレイバーチョコでは、ラズベリーローズやマンゴ・チリ(写真右)も数々の受賞歴に輝いています。チョコレートバーは各7.95ドル。チョコレートLOVERは、ぜひシングルオリジンのバーを食べ比べてみて、カカオ豆による味の違いを実感してみて下さい。

amanoPHOTO:Amano Artisan Chocolate(提供)

 

サンフランシスコのハイテクとセンスが光るチョー

スタイリッシュな人にお勧めしたいのが、サンフランシスコ発のチョー(TCHO)。味はグルメのお墨付きで、パッケージもとびきり洒落ています。特徴はチョーソース(TCHOSource)というプログラムで、生産農家に寄り添い、より良いカカオ豆の発酵や乾燥の方法を提供して、原材料の質を向上させていること。シングルオリジンのカカオ豆を体験するなら、ダークチョコレート(写真左)がお勧め。一方、フレイバーチョコも「ミントチップ・ジェラート」や「タフィー&シーソルト」など(写真中)があり、個性的で楽しい味わいです。70gのバーは1枚3.99ドル、8gのミニバーが6個のセットで5.95ドル。バレンタイン用のギフトセット(写真右)は12個入りが14.45ドルです。LOVE IS ALLのメッセージがサンフランシスコらしくて、友達にも贈りたくなるギフトですね。

TCHOPHOTO:TCHO VENTURES, INC(提供)

 

カカオ豆とキビ砂糖だけで作るダンデライオン・チョコレート

もうひとつサンフランシスコ発のこだわりチョコが、ダンデライオン・チョコレート(Dandelion Chocolate)です。特徴は、カカオ豆ときび砂糖という2種類の原材料で作られていること。普通板チョコにいれるココアバター、レシチン、バニラなどは入っていません。シングルオリジンの豆のなかでも、マダガスカルのアンバンジャ(Ambanja)(写真左)、ドミニカ共和国のソルサル(Zorzal)、ベネズエラのマンチャーノ(Mantuano)がベストセラーです。バーは1枚8ドルからで、ダークチョコレートのテイスティングセット(写真中)は3枚セットで30ドルです。さらにチョコレートLOVERには、9つのバーが本のようにセットされたコレクションボックス 200ドル(写真右)もとっておきの贈り物になりますよ!

dandePHOTO:Dandelion Chocolate(提供)

 

セレブ御用達の美しいコンパーテス・ショコラティエ

セレブたちのお気に入りが、コンパ-テス・ショコラティエ。もともと1950年代にロサンゼルスで創業して、マリリン・モンローなどのスターが愛用してきたショコラティエですが、現在の経営者ジョナサン・グラムが19歳で加わってから新しい感性が吹きこまれました。コンパ-テスのチョコレートバーはなによりアイデアが斬新で楽しいもの。「スプリング・アウェイクニング」(写真左)は、ストロベリーとラズベリー、ブルーベリーが乗っていて、目にも美味しいチョコレートです。バレンタインにぴったりなのが、「ローゼズ&ロゼ」(写真中)。ピンクのチョコレートは、ロゼワインが注がれていて、クリスタル化したバラの花びらで飾られているというバラづくし。また「ドーナッツ&コーヒー」(写真右)はロスの人気ドーナッツと人気コーヒーの粉を混ぜていて、一枚のチョコレートにドーナッツからコーヒーまでが楽しめます。パッケージもとびきりお洒落なので、誰にあげても喜ばれるはず。

compartePHOTO:Compartes Chocolatier Gourmet Chocolate(提供)

 

アメリカ発のこだわりあるチョコレートバーはこんなにバラエティが豊富です。
バレンタインには気軽にお友だちや家族、あるいは自分自身にプレゼントしてみてはいかがでしょう。

 


 

AMANO ARTISAN CHOCOLATE
http://www.amanochocolate.com/

TCHO
https://www.tcho.com/

DANDELION CHOCOLATE
https://www.dandelionchocolate.com/
ダンデライオン チョコレート ジャパン
https://dandelionchocolate.jp/

COMPARTES
https://compartes.com/
コンパ−テス ショコラティエ
https://compartesjapan.com/

  • Credits
  • Text : ANNA SUI MAG.編集部_E
    Photo: 各社提供

Share
This Article


Recommend

  • Culture & LifestyleArticle

    22 November 2016

    <div>ニューヨーカーにとって、感謝祭には欠かせないデザート</br>今、NYで一番!と評判の手作りパイショップ</div>

    ニューヨーカーにとって、感謝祭には欠かせないデザート
    今、NYで一番!と評判の手作りパイショップ

    アメリカ人にとってクリスマスと同様に大切で、国民の休日(祝日)となっているサンクスギビング・デーが今...続きを読む

  • <div>ニューヨーカーにとって、感謝祭には欠かせないデザート</br>今、NYで一番!と評判の手作りパイショップ</div>

    Culture & LifestyleArticle

    22 November 2016

    ニューヨーカーにとって、感謝祭には欠かせないデザート
    今、NYで一番!と評判の手作りパイショップ

    アメリカ人にとってクリスマスと同様に大切で、国民の休日(祝日)となっているサンクスギビング・デーが今年も11月の第4木曜...続きを読む

Recently

  • Culture & LifestyleArticle

    19 May 2017

    NYに初のチョコレート・ミュージアムが誕生!

    NYに初のチョコレート・ミュージアムが誕生!

    NYに初のチョコレート・ミュージアム、『チョコ・ストーリー・ニューヨーク』がオープンしました。これは20...続きを読む

  • NewsCampaign Information

    10 May 2017

    <div>どんな日でも可愛くいたいから。</br> カラフルな傘で、雨の日でも映えるレインスタイルを。</div>

    どんな日でも可愛くいたいから。
    カラフルな傘で、雨の日でも映えるレインスタイルを。

    春の陽気が気持ち良いこの季節。しかし、実は梅雨のシーズンがもう目前。これからのじめじめした季節には、...続きを読む

  • NYに初のチョコレート・ミュージアムが誕生!

    Culture & LifestyleArticle

    19 May 2017

    NYに初のチョコレート・ミュージアムが誕生!

    NYに初のチョコレート・ミュージアム、『チョコ・ストーリー・ニューヨーク』がオープンしました。これは2000年にブルックリン...続きを読む

  • <div>どんな日でも可愛くいたいから。</br> カラフルな傘で、雨の日でも映えるレインスタイルを。</div>

    NewsCampaign Information

    10 May 2017

    どんな日でも可愛くいたいから。
    カラフルな傘で、雨の日でも映えるレインスタイルを。

    春の陽気が気持ち良いこの季節。しかし、実は梅雨のシーズンがもう目前。これからのじめじめした季節には、おしゃれにお悩みの...続きを読む