ANNA SUI Mag

ANNA SUI Mag

世界のファッション好きが絶賛!
メトロポリタン美術館の「ファッションとテクノロジー」展
#014_NY

<div>世界のファッション好きが絶賛! </br>メトロポリタン美術館の「ファッションとテクノロジー」展</div> <div>世界のファッション好きが絶賛! </br>メトロポリタン美術館の「ファッションとテクノロジー」展</div>

Culture & Lifestyle, FashionArticle

見どころは、テクノロジーの時代におけるファッションの変遷

5月5日よりメトロポリタン美術展のファッションインスティチュートで、「Manus x Machina: Fashion in an Age of Technology(マヌス×マキナ:テクノロジーの時代におけるファッション)展」がスタートしました。この展示は、テクノロジーがいかにファッションに影響を与えてきたのか、20世紀初頭から現代までの歴史を辿るというもの。オープニングを祝うガラ・パーティには、世界のセレブやファッショニスタが集まり、最大級のファッション界のお祭りと言われるほどの盛り上がりを見せました。

タイトルの「マヌス×マキナ」とは、ラテン語で「手と機械」の意味であり、その名の通り、手作業と機械縫製で発展してきたファッションとそのテクノロジーに焦点を当てた展覧会です。会場には20世紀の初頭を飾ったマリアーノ・フォルチュニーやポール・ポワレ、マダム・グレといった歴史的なデザイナーの作品から、シャネル、ディオール、サンローラン、プラダ、アレキサンダー・マックイーン、ヴァレンティノ、バレンシアガといった現代のブランドの作品まで90体が並べられ、日本のデザイナーである三宅一生やコム・デ・ギャルソン、ヨウジ・ヤマモト、ジュンヤ・ワタナベなどの作品もあり見ごたえは充分です。

 

<画像1>

Upper Level Gallery View: Artificial Flowers © The Metropolitan Museum of Art

90体のドレスは、テイラーリングとドレ-ピング、レースワークやレザーワーク、刺繍と花模様、プリーツといった製法の分類ごとに展示されて、変遷を辿りやすくなっています。
たとえばプリーツひとつをとっても、1910年代に有名だったフォルチュニーのデルフォス・ガウンから、現代のプリーツを代表する三宅一生の実験的な服作り、そして最先端のテクノロジーを利用したイリス・ヴァン・ヘルペンの3Dプリントを活用したドレスといったようにテクノロジーの変化を辿り、なおかつ同じ時代のものだけではなく、違う時代のドレスを並べて見せるなど多面的に紹介しています。

 

<画像2>

Wedding Ensemble, Karl Lagerfeld (French, born Hamburg, 1938) for House of Chanel (French, founded 1913), autumn/winter 2014–15 haute couture, back view; Courtesy of CHANEL Patrimoine Collection Courtesy of The Metropolitan Museum of Art, Photo © Nicholas Alan Cope

中でも来場者から感嘆のため息が一際あがっていたのは、シャネルによるオートクチュールのウェディング・ドレス。スキューバ・ニットで出来ており、長いトレーンには、ラインストーンを熱転写し、ゴールドの顔料を手描きで施し、さらにパールと貴石を手で縫いつけてあります。長展示会場のポスターにも使われていました。

 

0502NY001

 

また、フェザーをモチーフにした作品では、サンローランのシルクを羽のように細工してドレスに仕立てて、首回りに本物の羽を飾った作品(写真左)、
シリコンをレーザーカットして羽のようにしたてたイリス・ヴァン・ヘルペンの作品(写真右)、
さらに黒いストローをカットして作ったガレス・ピューの作品などがあり、そのアイデアと手法の幅広さに驚かされるばかりです。

 

展示物はどれもまさにアートのような美しさと、独創的なアイデアに満ちたものばかりで、ファッションに興味ある人ならば必見の展覧会。ぜひ実際に目で見て、その美しさに触れてみて下さい。

 

—————–
「マヌス×マキナ:テクノロジーの時代におけるファッション」展
Manus x Machina : Fashion in an Age of Technology
2016年8月14日まで開催中
入場料:任意(推奨料金:一般25$)

The Metropolitan Museum of Art
The Costume Institute
住所:1000 5th Ave, New York, NY 10028

www.metmuseum.org/exhibitions/listings/2016/manus-x-machina
—————–

  • Credits
  • Text : ANNA SUI MAG.編集部_E
    Photo: © Nicholas Alan Cope
Tag | , ,

Recently

  • NewsArticle

    23 December 2016

    <div>ホリデーシーズンにNYを飾る光のページェント。 </br>天使のイルミネーションと、カウントダウンを迎えるタイムズスクエア</div>

    ホリデーシーズンにNYを飾る光のページェント。
    天使のイルミネーションと、カウントダウンを迎えるタイムズスクエア

    ホリデーシーズンのNYといえば、なんといっても見逃せないのが光のページェント。 NYの風物詩になっている...続きを読む

  • NewsCollection

    20 September 2016

    ANNA SUI 2016FW シーズンビジュアル公開 VOL.2

    ANNA SUI 2016FW シーズンビジュアル公開 VOL.2

    -シーズンコンセプト- 今シーズンのコンセプトは、「ポップサイデリック(POP-Sydelic) 」です。 19...続きを読む

  • NewsArticle

    14 September 2016

    <div>ショップスタッフが旬のアイテムやコーディネートを紹介</br>ANNA SUI SHOP STAFF RECOMMEND</div>

    ショップスタッフが旬のアイテムやコーディネートを紹介
    ANNA SUI SHOP STAFF RECOMMEND

    ANNA SUI MAG.は、ファンのみなさまのおかげで今年の8月に1周年を迎えました。 それを記念し、より多くの...続きを読む

  • <div>ホリデーシーズンにNYを飾る光のページェント。 </br>天使のイルミネーションと、カウントダウンを迎えるタイムズスクエア</div>

    NewsArticle

    23 December 2016

    ホリデーシーズンにNYを飾る光のページェント。
    天使のイルミネーションと、カウントダウンを迎えるタイムズスクエア

    ホリデーシーズンのNYといえば、なんといっても見逃せないのが光のページェント。 NYの風物詩になっているロックフェラーセン...続きを読む

  • ANNA SUI 2016FW シーズンビジュアル公開 VOL.2

    NewsCollection

    20 September 2016

    ANNA SUI 2016FW シーズンビジュアル公開 VOL.2

    -シーズンコンセプト- 今シーズンのコンセプトは、「ポップサイデリック(POP-Sydelic) 」です。 1960年代のポップア...続きを読む

  • <div>ショップスタッフが旬のアイテムやコーディネートを紹介</br>ANNA SUI SHOP STAFF RECOMMEND</div>

    NewsArticle

    14 September 2016

    ショップスタッフが旬のアイテムやコーディネートを紹介
    ANNA SUI SHOP STAFF RECOMMEND

    ANNA SUI MAG.は、ファンのみなさまのおかげで今年の8月に1周年を迎えました。 それを記念し、より多くの方々にANNA SUIの魅...続きを読む