ANNA SUI 2018SSコレクション NYファッションウィークの舞台裏を公開!

ANNA SUI 2018SSコレクション NYファッションウィークの舞台裏を公開! ANNA SUI 2018SSコレクション NYファッションウィークの舞台裏を公開!

FashionCollection

夢とロックとピースが溢れるランウェイ、アナ スイが見せた現代のフラワーチルドレンたち。

9月11日、アナ スイは2018年春夏コレクションを、ニューヨークファッションウィークで発表しました。そのバックステージにご案内しましょう。バックステージは、モデルと忙しく立ち働くメイクアップアーティスト、ヘアスタイリストやネイリストで混みあっています。アナ スイにはいつも、メイクはパット・マグラス、ヘアはガレンというトップアーティストがついています。

アナスイ ニューヨークコレクション

ヘアは、今シーズンのイメージソースをフラワーチルドレンに求めて、ガレンがさりげなくナチュラルでヒッピーな雰囲気に仕上げています。そしてパット・マグラスが施したのは、サイケデリックな時代を感じさせるメイク。きらきらと光るシルバーの粉を、まぶたに縦に筆で描いています。

アナスイ ニューヨークコレクション

アナスイ ニューヨークコレクション

何人かのモデルには、フェイスペイントやボディペイントが描かれて、ミュージックフェスのような気分が高まります。

アナスイ ニューヨークコレクション

アナ スイといえば超一流のモデルたちが出演することでも有名です。もちろんスーパーモデルのジジ・ハディッドも参加。そして妹のベラも登場しています。若い人気モデルのテイラー・ヒルやウィロー・ハンドから、プラスサイズのナタリー、そして往年のトップモデルであるマギー・リザーらも参加していて、その年齢の幅広さにもアナのメッセージが込められているように感じられます。

今回のコレクションは「ギャザリング・オブ・トライブス」(部族の集会)と名づけられていて、ショーの前からステージの幕に太陽、そして月と星というコズミックなシンボルがパッチワークで飾られ、ヒッピーな雰囲気を醸し出していました。

アナスイ ニューヨークコレクション

アナスイ ニューヨークコレクション

いよいよ本番です。最初はライトを落としたままモデルたちが全員歩き出し、子どもも一緒に笑いさざめきながら歩いては一周して消えていき、まるで夜中のフェスティバルに人々が集まっているような演出がなされていました。それからライトがつくと、今度は本格的にランウェイが始まります。ファーストルックは鮮やかなブルーのカフタンにケープをまとったジジ・ハディッドと、同じくブルーのカフタンにベルベットのトラックパンツを組みあわせたメンズモデルで、たちまちフラワーチルドレンの世界に誘われます。

アナ スイが得意とするフリルやレースをあしらったドレスや、アップリケを施したデニムジャケット、ハンドペイントされたデニムのパンツ、クロッシェ編みのカバーアップなど、60年代後半のアイテムが現代的にアップデートされています。

レース素材に刺繍を施したオーバードレスや、透けるキモノ・ローブを羽織ったりするなど、シアーな素材をレイヤードする着こなしも多く見られました。アナが見せてくれるフラワーチルドレンたちの着こなしはロマンチックで、自由とピースに溢れていて、女の子なら誰でもすぐにマネしたくなるような世界です。ジジが最後のルックになって登場する時に、片方の靴が脱げるというハプニングが起こりましたが、そのまま何も起こらなかったように堂々と歩き続けたプロ精神は、あっぱれでした。そしてフィナーレではベラと肩を組んで歩き、姉妹がショーをクローズさせたのも心温まる光景で、観客は惜しみない拍手を贈りました。

夢があって、ロックとフリーダムを感じさせてくれるアナの世界をたっぷりと堪能させてくれたランウェイでした。

アナスイ ニューヨークコレクション

アナスイ ニューヨークコレクション

  • Credits
  • Text : ANNA SUI MAG.編集部_
    Runway Photos : Ryoichi Rio Shiraishi