ANNA SUI 2018SS シーズンビジュアル vol.2

ANNA SUI 2018SS シーズンビジュアル vol.2 ANNA SUI 2018SS シーズンビジュアル vol.2

FashionCollection

自分らしさを求める旅の中、ハッピーなひと時を楽しむフラワーチルドレン

– シーズンコンセプト –

今シーズンのコレクションは「BE-IN」 (ビーイン)。1967年に米国・カルフォルニア州サンフランシスコで行われた、カウンターカルチャーの象徴とも言われる野外イベント「Human BE-IN」に由来しています。既存の生き方に反発し、ヒューマン・ビーイン的(人間らしい/自分らしい)価値観を求めることから生まれた対抗文化/カウンターカルチャー、そして自分らしい生き方を求める思想をもつ仲間が集い、コミューンがつくられ、新たな文化やファッションが生まれたと言われています。夢を追求し、冒険しながら自ら人生を切り開いていく、そんなクールかつエネルギッシュなパワーで自分探しの旅をする2人、今シーズンは彼らの旅の一瞬をフォトグラファーLaurie Bartley(ローリー・バートリー)に切り撮ってもらいました。砂漠は果てしなく続く人生という道のりを象徴し、手作りの装飾はハンドメイドカルチャー(手作りされた文化)を表現しています。

– 夏ビジュアル –

SUMMERのビジュアルは、SPRINGのビジュアル「自分達らしさを求めて旅するフラワーチャイルドの2人のストーリー」の続きとなります。ランウェイのオープニングで流れた、サイケデリックロックバンドBlue Cheerの「Peace Of Mind」のゆったりした曲に身を任せながら、2人が感じるままにデコレーションした車とともにハッピーなひと時を楽しむ情景を、フォトグラファーLaurie Bartley(ローリー・バートリー)が切り撮っています。

今季のアナスイのインスピレーション源となった、ニューヨークにある美術館 “Museum of Arts and Design, MAD/ミュージアム・オブ・アーツ・アンド・デザイン”での展覧会『Counter-Couture: Handmade Fashion in an American Counterculture / カウンター・クチュール:アメリカのカウンターカルチャーにおけるハンドメイドファッション』の様に、アナ・スイはビジュアルでシーズンコンセプトを伝えるために、細部までハンドメイドにこだわりました。女性モデルの脚の装飾はハンドペイントされ、男性モデルがつけているヘッドドレスのフラワーリーフは撮影前夜に新鮮な花々を手編みして作られています。これらのビジュアルのディテールからも、アナ・スイの今シーズンへの強い思いが伝わってきます。

ANNA SUI 公式サイト

  • Credits
  • Art Direction:Anna Sui
    Photographer:Laurie Bartley
    Female Model:Lucan Gillespie
    Male Model:Aiden K.
    Wardrobe Stylist:Bill Mullen
    Hair:Jordan Sparkes
    Make Up:Ayami Nishimura
    Manicure:Naomi Yasuda
    Set Design:James Lear