ANNA SUI 2018FW シーズンビジュアル

ANNA SUI 2018FW シーズンビジュアル ANNA SUI 2018FW シーズンビジュアル

Fashion, News

2018FWシーズンコンセプトは「Beloved / 最愛」

– シーズンコンセプト –

今シーズンのコレクションのコンセプトは「Beloved / 最愛」。アナ・スイが愛し信じてきたものがすべて込められています。そして今シーズンのストーリーは、彼女自身の人生の物語なのです。

アナ・スイが幼少期からずっと夢にまで見ていたニューヨークのファッション業界。しかし彼女がファッションデザイナーを目指し移り住むころの現実世界のニューヨークは、夢に描いていたものとは全く違っていました。それに気付かされた彼女は、それをきっかけに自分らしさを追求することに専念するようになります。肌で感じたことや経験したことを、ニューヨークのダウンタウンカルチャーやアートなど自分が好んだものと融合させ、自分らしい新たなスタイルを築いていきました。それこそがまさに、オリジナリティーに富んだ現在のアナ・スイの世界につながっていくのです。

今回はモデルにNatalie Westling(ナタリー・ウェストリング)を迎え、撮影が行われました。常に自分らしくいることを大切にしているナタリーのもつ独特な世界観とアナ・スイのビジョン、その融合の瞬間をフォトグラファーLaurie Bartley(ローリー・バートリー)がビジュアルにまとめました。アナ・スイの大好きな場所やニューヨークらしいロケーションで、アナ・スイの人生という旅路の中の数々のシーンを再現し、撮影が行われました。

– 冬ビジュアル –

今シーズンはアナ・スイが愛したものすべてをまとめ、形にしたコレクション「Beloved / 最愛」です。

「私が思うグラマラスで幻想的な世界は、与えられるものでなく自分で築くもの… 自分らしい世界は、感性や経験から愛するものを探し出し、それらを自分のインスピレーションと組み合わせることでできていく」と語るアナ・スイ。彼女が私たちに体験させてくれる、オリジナリティーあふれる世界観に辿り着くまでの過程は、まるで洋服をデザインするかのように築いてきたもの、と説明しています。

今回のWINTER (冬)ビジュアルは、ニューヨークのダウンタウンに古くからある生地倉庫の中で撮影されました。80年近い歴史と共に山の様な生地が所狭しと置かれている倉庫で、自分らしい生地を探し求めて奮闘するデザイナーの情景を描きました。数え切れないほどの生地の中から自分の愛するオンリーワンを見つけ出し、そこに魂を吹き込んで形にしていく。それはまるで、ひとつひとつ組み合わせて完成させる人生のパズルのように、何かひとつが欠けても、自分らしさを表現することはできないものなのです。愛するもの、自分の信じるものに向かって悪戦苦闘することは、ため息がでるほど大変なこと。それでも好きなものを追求する姿は、とても清々しくそしてドリーミーな光景ではないでしょうか。

–Zarin Fabrics–

1930年代からニューヨーク マンハッタン ダウンタウン、ローワーイーストサイド地域に店を構える生地屋『ザリン・ファブリックス/Zarin Fabrics』。アメリカの数々の苦難の時代を乗り越え未だ営業を続けているこのお店には、生産中止となったビンテージの生地から入手困難なユニークな素材の生地まで揃っており、世界中から集まる生地が倉庫のフロアー一面に所狭しと置かれている。ここは、ニューヨークから発信されるブロードウェイショーや映画製作などの業界人が、デザインのインスピレーションを求めて訪れ、掘り出し物の生地を探すことなどでも知られている。米国の権威ある格付け機関「アメリカン・ホスピタリティ・サイエンス・アカデミー/The American Academy of Hospitality Sciences」は、この店で取り扱う生地に対し、ファイブスターダイヤモンド賞 (5つ星)/ Five Star Diamond Award “Best of the Best Fabric” を授与して讃えているほか、「ザガット・サーベイ/ Zagat Survey」は素晴らしい掛け布や室内装飾布を扱うお店として高く評価している。

ANNA SUI 公式サイト

  • Credits
  • Art Direction:Anna Sui
    Photographer:Laurie Bartley
    Female Model:Natalie Westling
    Wardrobe Stylist:Bill Mullen
    Hair:Jordan Sparkes
    Make Up:Lisa Houghton
    Manicure:Eri Handa
    Prop Styling:James Lear

KEYWORD